M字 プロペシア

M字ハゲなら安易にプロペシアに手を出すな!

M字ハゲで悩んでいる人の中にはプロペシアの服用を考えている人がいると思います。

 

 

「M字ハゲってやっぱり男性ホルモンが影響しているんでしょ!?」

 

「M字禿げの人ってAGA、男性型脱毛症なんでしょ?」

 

「だったらプロペシアが効くんじゃない!?」

 

 

と考えている人がかなり多いように思います。

 

確かに、M字ハゲというのは典型的なAGA、男性型脱毛症の症状です。
ここまでは間違っていません。

 

 

ですが、

 

 

M字ハゲだったらプロペシアを飲んでいればいい、
プロペシアを飲んでいればM字禿げが治る、

 

と安易に考えるのは危険です。

 

・・・

 

いいですか!

 

確かに、前髪がM字状に後退していくM字ハゲはAGAの典型的な症状です。
男性ホルモンが主な原因でM字ハゲは進行していきます。

 

ですが、

 

だからといってプロペシアを飲んでいればM字ハゲが改善されるかといえば、
そうではありません。

 

確かにプロペシアは5αリアクターゼ酵素の還元作用を抑え、
AGAの元凶であるジヒドロテストステロンの発生を抑える作用があります。

 

ですが、

 

男性ホルモンの作用をプロペシアで抑えたところで、M字ハゲが治るかといえば、
そうとは言えないのです。

 

・・・

 

前髪がM字型に後退していっているのは確かに男性ホルモンの影響です。
ですが、男性ホルモンの作用を抑えたら、薄くなった前髪の毛が生えてくるかといえば
決してそうではないのです。

 

薄くなってしまった前髪。
以前は毛があった箇所に、毛がなくなってしまった前髪。

 

後退していく前髪を復活させるためには、男性ホルモンの作用を抑えるだけではダメなのです。

 

男性ホルモンの作用を抑えることはもちろんですが、それに加えて
弱体化した毛母細胞を活性化する必要があるのです。

 

AGA・男性型脱毛症というのは、男性ホルモンの影響によって、髪を作り出す毛母細胞が
活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響でどんどん弱っていく症状。

 

ジヒドロテストステロンの影響で毛母細胞が弱体化し、成長期、退行期、休止期とある
髪の毛の毛周期に狂いが生じる症状でもあるのです。

 

本来、成長期でまだまだ成長するはずの髪が、毛母細胞の弱体化に伴って、
成長期⇒退行期、休止期へと移行してしまい、抜け落ちてしまう現象でもあるのです。

 

前髪を復活させたいのであれば、男性ホルモンの作用を抑えるだけではダメ。
弱ってしまった毛母細胞を活性化させる必要があるのです。

 

分りますか?

 

・・・

 

プロペシアは確かに男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果があります。
プロペシアを服用すればM字の後退を食い止めることはできるでしょう。

 

 

ですが、

 

 

それ以上に重要なのが、弱ってしまった毛母細胞に再び元気を与えるということ。
弱体化してしまっている毛母細胞を活性化しない限りは前髪は絶対に復活しないのです。

 

・・・

 

プロペシアは男性ホルモンの作用を抑えることはできても、
弱体化してしまっている毛母細胞を活性化することはできません

 

男性ホルモンの作用を抑えることが唯一の効果、効能なのです。

 

それに加えて、

 

あなたもご存じのとおり、プロペシアには危険な副作用があります。

 

  • 男性機能障害ED
  • 性欲の減退
  • 肝機能の障害
  • 吐き気、頭痛、動悸

 

といった危険な副作用がつきものなのです。
こんなものを長期に渡って飲み続ければ確実に健康を害します。

 

・・・

 

 

M字ハゲは解決するとは限らないし、健康被害を及ぼす・・・

 

 

自分の体のことを気遣いながらM字ハゲを治したいと真剣に考えるのであれば、
安易にプロペシアに手を出さないほうがいいのです。

 

 

「それじゃあ、一体どうすればいいんだ!?」

 

「M字ハゲが進行するのを指をくわえて見ていろってか!?」

 

 

と憤りを感じている人もいることでしょう。

 

そういう人が選択すべきものはプロペシアではなく、
男性ホルモンの作用を抑え、かつ、毛母細胞を活性化してくれる育毛剤なのです!

 

一体どのような育毛剤があるかはこちらで詳しくご紹介しています。
真剣にM字ハゲを改善したいのであれば正しい知識を持ってください。